スカルプのかゆみとフケを抑える切り口

スカルプのフケはカサカサによって発生する場合と脂取り分によって発生するときの2つに隔てることができます。乾燥したフケが発生するのは水気不備が原因であり、スカルプのかゆみへと発展させてしまう。一方、皮脂が多すぎてもフケは発生する結果、注意が必要です。皮脂を燃やすためになんかもシャンプーをしてしまうと、皮脂が落ちすぎて今度は乾燥したフケを発生させてしまう。そこでカサカサによるフケを防ぐために、アミノ酸的シャンプーによることをおすすめします。アミノ酸的シャンプーは洗浄力がそこまでか弱く、肌にも優しい結果、皮脂を無くしすぎるということがありません。皮脂をなくしすぎるとスカルプの分散を保つために皮脂を数多く流すようになり、過多分泌の可能性も出てきます。また、乾燥して要る状態で再び著しい洗浄力のシャンプーとしてしまえば、当然ながらフケやかゆみの原因となってしまう。

カサカサを防ぐためには保湿をするということも大事です。スカルプの湿気を与えるためにローションを塗ったり、スキンケア用のものを使用したりすることも対策の1つです。水気不備が元凶だから水で潤すはあんまり簡単で、逆効果になるため、専用のもので保湿を心がけることが求められます。ライフサイクルの改修でスカルプの分泌を切り詰める、シャンプーの方式を見直す、シャンプーをアミノ酸的シャンプーに変えるなど近くの事態、慣行を入れかえるだけでスカルプのかゆみやフケを止めることはアッという間にできます。アレルナイトプラスでアトピー治療!